2013.05.05

20130505-7

そんなに悲しいのか・・・と思ったら、向こうのホームに行きたくて泣いているのであった。

Leave a reply